小児の乳歯におけるパルポトミー剤としてのアロエベラの有効性:臨床およびX線検査

2019年10月

【著者】①エジプト・タンタ大学小児歯科講師 Sara Gonna薬学博士 ②エジプト・タンタ大学小児歯科教授 Nagwa Ghoname薬学博士 ③エジプト・タンタ大学薬学部生薬学科教授 Amal Kabbash薬学博士 ④福山大学名誉教授 八木晟薬学博士

論文の内容を一部掲載します。正確な情報が必要な場合(写真やグラフがあります)は、後ほど掲載しました原文の載っているサイトをご覧下さい。

【ディスカッション】

理想的な歯髄切開材料または薬剤は、健康な歯髄組織を維持し、生体適合性が高く、細菌の微小漏出を防ぎ、治癒を促進する能力があり、細菌の微小漏出を防ぎ、生理学的な歯根吸収プロセスを妨げてはなりません。

生物医学研究の進歩は、象牙質-歯髄複合体の再生を目的とした、歯髄切開治療のための新しい材料の設計への道を開きます。したがって、この研究は、初歯のフォルモクレゾールと比較した歯髄切開剤としてのアセマンナンの有効性を評価するために実施されました。

この研究のために選択された年齢層は、一次臼歯の早期喪失が空間喪失と不正咬合の原因の1つであるため、剥離時まで一次臼歯を保存するために4〜8歳でした。また、選択された症例は、正確な比較可能な結果を​​得るために同じ環境要因の下で両方のグループの治療を実行するために、両側の深い齲蝕原発臼歯を持っていました。

現在の研究では、ホルモクレゾールは、静菌性、固定性、および高い臨床的成功率により、すべての髄膜切開薬および医薬品と比較した場合、依然としてゴールドスタンダードと見なされているため、比較に使用されました。

パルプトミー手順の成功率を高めるために、新規で効果的なパルプトミー剤を特定することは非常に重要であるように思われます。したがって、痛みや腫れの存在、X線写真に見られる根尖周囲または分岐部の変化の兆候など、初歯における可変歯髄切開薬の臨床的およびX線写真の成功を評価するためにいくつかの調査が使用されています[11,12]。

したがって、この研究では、適用された新規材料の臨床的および放射線学的研究が十分ではないため、フォローアップ中に臨床的ならびに放射線学的および組織病理学的検査が使用された。全体的な評価のために、組織病理学的検査は、細胞および歯髄組織レベルで生体材料の有効性を評価するための最良の方法として長い間提案されてきました。これは、人間、特に小児の年齢層では実行が難しい場合があります[13,14]。

本研究では、1年後のアセマンナンの全体的な臨床的成功率は96.5%でした。ほとんどの症例は、臨床的に痛みの感覚、可動性、および歯肉膿瘍の形成がありませんでした。これらの結果は、アロエベラの抗炎症、抗菌、免疫調節機能、治癒および再生特性に寄与する可能性があります[15,16]。

この結果はSongsiripradubboonet al [17]と一致しており、直接覆髄材料としてのアセマンナンの成功率は100%であると報告されています。さらに、Khairwa et al [8]。酸化亜鉛粉末とアロエベラゲルの混合物が初歯の根管充填材として使用された場合、93%の臨床的成功率を示していることがわかりました。

本研究では、アセマンナンのレントゲン写真の成功率は93.1%であり、この結果は、Songsiripradubboon et al [17]に従って、アセマンナンをヒトの初歯の直接覆髄材料として使用した場合、85%のレントゲン写真の成功率を報告しました。一方、Khairwa et al [8]。アロエベラを一次歯の根管充填材として酸化亜鉛粉末と混合した場合、73%のX線撮影の成功率が報告されました。

本研究におけるFC評価については、臨床的成功率は89.6%であった。これらの調査結果は、Eidelman et al [18]による(93.3%)、Farsi et al [19]による98.6 %、Noorollahian [20]による100%を報告した以前の研究と一致しました。FCグループのX線所見は86.2%でした。これらの発見は、Farsi et al [19]によって得られた結果と一致しました。(86.8%); Huth et al [21](85%)、およびMesut et al [22](90.4%)。

この研究における両方のグループの全体的な臨床的および放射線学的成功率の違いの説明は、臨床的および放射線学的成功が常に対応するとは限らないという事実に起因する可能性があります。Fuks et al [2]は、歯髄の慢性炎症が根尖周囲または根尖間膿瘍の形成なしに存在する可能性があり、歯が臨床的および放射線学的に正常である可能性があることを報告しました。

現在の研究では、ホルモクレゾール群の一般的なレントゲン所見として、分岐部の放射線透過性と異常な根の吸収が観察された。これらの調査結果は、別の異なる研究(Ibricevic and Al-Jame [23] ; Holan et al [24] ; Ruby et al [25] ; Havale et al [26] ; Yildirim et al [27])と一致していました。)、FC歯髄切開後のレントゲン写真の変化を、歯髄床を介したホルムアルデヒドの浸透とその後の歯根間領域への損傷の可能性など、さまざまな要因に寄与します。アセマンナングループでは、歯肉の腫れを示したのは1例のみで、これは歯髄切開術中の外傷性切断または慢性炎症を引き起こす可能性のある歯髄外血栓の存在に関連している可能性があります。

【結論】

観察された結果の文脈内で、アセマンナンスポンジ(AHM)は、臼歯の歯髄切開剤としてのホルモクレゾールと比較して、高い臨床的および放射線学的成功率を示したと結論付けることができます。それは、初歯の深い齲蝕の重要な歯髄治療のための許容可能な生体材料と見なすことができます。

http://www.ghrnet.org/index.php/joghr/article/view/2700/3003